インテリアカラーや内装の情報まとめ

シエンタには、複数のインテリアカラーや内装が用意されていますが、自由に選べるわけではありません。また、インテリアの装備状況もグレードによって異なります。

 

ここでは、シエンタのインテリアのカラーや装備状況をまとめましたので、参考にしてください。

 

インテリアカラーや内装・インパネのカラーを確認

 

まずは、シエンタのインテリアカラーや内装のカラーについて確認しておきましょう。

 

インテリアカラー

  1. ブラック
  2. フロマージュ

シート生地

  1. ファブリック
  2. 上級ファブリック

シートカラー

  1. ダークブラウン
  2.  

  3. ブルーブラック
  4.  

  5. フロマージュ

インパネ

  1. ブラックインパネ
  2. フロマージュインパネ

 

 

 

インテリアカラーは2種類、シート生地は2種類、シートカラーは3種類、インパネは2種類から選ぶことができます。

 

インテリアカラーの組み合わせ

インテリアカラーの種類はすでに説明した通りですが、それぞれのシート素材やシートカラー、インパネカラーは自由な組み合わせができません。おそらくは生産コストを下げるためで、自由に選べるようにするとシエンタの車体価格は上がってしまっていたでしょう。そのあたりは痛しかゆしですが、好みのシートカラーを選びたい場合はグレードの選択肢が狭まってしまうのは仕方ありません。

 

それでは、どのような組み合わせが可能なのでしょうか? 以下の表にまとめました。

 

X“Vパッケージ”(ガソリン車)

 

7人乗り ブラック(内装)×ブルーブラック(シート)
6人乗り ブラック(内装)×ブルーブラック(シート)

※シート生地:ファブリックのみ

 

X"Vパッケージ"に関しては、インテリア・シートカラーは「ブラック(内装)×ブルーブラック(シート)」の1種類のみとなり、組み合わせを選ぶ余地はありません。

 

X(ガソリン車)

 

7人乗り

フロマージュ(内装)×フロマージュ(シート)

 

ブラック(内装)×ブルーブラック(シート) 要設定

6人乗り

フロマージュ(内装)×フロマージュ(シート)

 

ブラック(内装)×ブルーブラック(シート) 要設定

※シート生地:ファブリックのみ

 

ガソリン車のXグレードは、「フロマージュ(内装)×フロマージュ(シート)」か「ブラック(内装)×ブルーブラック(シート)」を選ぶことができます。ただし、何も指定をしない場合は「フロマージュ(内装)×フロマージュ(シート)」に決まってしまうので、「ブラック(内装)×ブルーブラック(シート)」の希望がある場合は事前に指定をする必要があります。

 

G(ガソリン車)

 

7人乗り

フロマージュ(内装)×ダークブラウン(シート)

 

ブラック(内装)×ブルーブラック(シート) 要設定

6人乗り

フロマージュ(内装)×ダークブラウン(シート)

 

ブラック(内装)×ブルーブラック(シート) 要設定

※シート生地:上級ファブリックのみ

 

ガソリングレードは、Gグレードからシート生地が上級ファブリックとなります。また、ダークブラウンのシートカラー設定が登場し、指定することでブルーブラックシートも選ぶことができます。逆に言うと、Gグレードではフロマージュのシートカラーを選ぶことはできませんので注意が必要です。

 

HYBRID X(ハイブリッド車)

 

7人乗り

フロマージュ(内装)×フロマージュ(シート)

 

ブラック(内装)×ブルーブラック(シート) 要設定

※シート生地:ファブリックのみ

 

HYBRID Xは6人乗りがないので、7人乗りのシートカラー選択のみとなります。選べるのは「フロマージュ(内装)×フロマージュ(シート)」か「ブラック(内装)×ブルーブラック(シート)」の2種類で、「ブラック(内装)×ブルーブラック(シート)」は設定色となるため事前の指定が必要です。

 

HYBRID G(ハイブリッド車)

 

7人乗り

フロマージュ(内装)×ダークブラウン(シート)

 

ブラック(内装)×ブルーブラック(シート) 要設定

6人乗り

フロマージュ(内装)×ダークブラウン(シート)

 

ブラック(内装)×ブルーブラック(シート) 要設定

※シート生地:上級ファブリックのみ

 

HYBRID Gは、G(ガソリン車)と同条件。シート記事は上級ファブリックとなり、シートカラーはダークブラウンかブルーブラックから選ぶことになります。

 

インパネカラーの選択について

インパネカラーは「ブラック」と「フロマージュ」の2色。それぞれ組み合わせは

 

シートカラー インパネカラー
フロマージュ、ダークブラウン フロマージュ
ブルーブラック ブラック

 

となり、好きに選ぶことはできません。シートカラーの色合いに合わせて、明るい色、暗い色が選択されることになります。

 

インテリアの装備状況について

インテリアの装備状況は、グレードによって多少違いがあります。主な違いは以下の通りです。

 

  1. ステアリング
  2. ステアリングの素材が変わってきます。

     

  3. アクセサリーコンセント
  4. アクセサリーコンセントの有る/無しが変化します。

     

  5. オートエアコン
  6. 全自動のエアコンと、マニュアルエアコンの違いがあります。

     

  7. 運転席アームレスト
  8. 運転席アームレストの有る/無しが変化します。

     

  9. スピーカー
  10. 2スピーカー搭載車と、高音質の4スピーカー搭載車があります。

 

オプション名

HYBRID G / G

HYBRID X

X

ステアリング

本革

ウレタン

ウレタン

アクセサリーコンセント

×

オートエアコン

オート

マニュアル

マニュアル

運転席アームレスト

×

スピーカー

4スピーカー

4スピーカー

4スピーカー

※最廉価グレードのX"Vパッケージ"はインテリアはすべて不利となっており、スピーカーも2スピーカーとなります。

 

全体的にHYBRIDグレードは上級装備となっており、ガソリングレードはやや装備に乏しい形となっています。インテリアの充実が希望ならHYBRID G / Gがおすすめですが、ステアリングやエアコン程度は高級装備でなくてもいいということならHYBRID Xでもよいでしょう。ガソリンエンジングレードを購入する場合は、ある程度インテリアに関しては目をつぶる必要がありそうです。

 

インパネのメーターも2種類ある

 

シエンタはインパネメーターについても、2種類が用意されています。

 

  1. アナログメーター+ドライブモニター
  2.  

    一般的な自動車に多いアナログスピードメーターと、走行距離などを表示するドライブモニターの組み合わせ。

     

  3. オプティトロンメーター+マルチインフォメーションディスプレイ
  4.  

    電子表示のスピードメーターに加え、複数の情報が表示されるインフォメーションディスプレイの組み合わせ。

     

  5. ハイブリッド専用オプティトロンメーター+マルチインフォメーションディスプレイ
  6.  

    ハイブリッドグレードの場合、より高級な質感のスピードメーター、インフォメーションディスプレイとなる。

X"Vパッケージ"

アナログメーター+ドライブモニター

 

※メーカーオプションで「オプティトロンメーター+マルチインフォメーションディスプレイ」が設定できる

X

アナログメーター+ドライブモニター

 

※メーカーオプションで「オプティトロンメーター+マルチインフォメーションディスプレイ」が設定できる

G オプティトロンメーター+マルチインフォメーションディスプレイ
HYBRID X ハイブリッド専用オプティトロンメーター+マルチインフォメーションディスプレイ
HYBRID G ハイブリッド専用オプティトロンメーター+マルチインフォメーションディスプレイ

 

基本的にはグレードがあがると上級インパネメーターが装備されることになりますが、メーカーオプション料金を支払えばX"Vパッケージ"やXグレードでもオプティトロンメーターの装備が可能です。

 

インテリアカラーまとめ

 

シエンタにはさまざまな内装カラー、シートカラーなどが用意されていますが、それぞれを自由に組み合わせることはできず、各グレードごとに設定色がある程度決まっています。そのため、どうしてもこだわりたい色がある場合は、グレード設定についてもしっかりと考える必要があります。

 

>>シエンタのグレード比較~おすすめは人気ランキング~

 

シエンタの各グレード比較とおすすめグレードについては↑のページで解説しているので、一度ご覧ください。


愛車の買取相場知ってますか?

新車を買う前に、愛車の相場は絶対調査したほうがいいです。今乗っている車の買取相場がわからないでいると、提示された下取り額が高いかやすいかわからず、数十万円からの大損をする可能性が高いです。

下取り額と買い取り相場の差額は60万円を超えることもあります。まずはかんたん車査定ガイドなどのオンライン一括査定を利用し、下取りで安く買い叩かれるのを防止しましょう。

↑の画像のように、かんたん車査定ガイドならその場ですぐに愛車の買取相場がわかります。

→ http://a-satei.com/