シエンタの納車状況を確認しよう

シエンタを買う際に気になるのが、納車期間です。普通、新車は1~2カ月程度の納車期間となりますが、シエンタは人気が高いので納期がかなり長くかかることがあります。

 

まずは、平均的なシエンタの納車期間をチェックしましょう。

 

2016/6月 4~5か月
2016/7月 3~4カ月
2016/8月 3~4カ月
2016/9月 3~4カ月
2016/10月 3~4カ月

 

概ね3~4カ月で推移しています。ただ、これはあくまで平均値であって、納車期間が長いディーラーだと+1~2カ月になることもあります。地域によって販売状況は違ってくるので、発売から時間がたったといっても在庫状況はまばらですし、在庫がないようなディーラーだとかなりの時間がかかってきます。

 

納車期間が遅いときの対策

「シエンタの商談をしてみたが、納期が遅いので、少しでも早くしたい」という人もいるでしょう。そんなときはいろいろなディーラーに電話して話を聞いてみましょう。先ほどの説明したように、納車状況はディーラーによってかなり違います。ディーラーに電話をして、遠まわしに納車期間を聞いてみれば教えてくれることがほとんどなので、問い合わせているところから始めましょう。

 

たくさん電話するのは面倒と思うかもしれませんが、実はこの方法には別のメリットがあります。というのも、もしここで3か月程度で納車できるディーラーを見つけたら、値引きの期待ができるからです。納車期間が短いということは、それほど売れていないということなので、在庫が余っていて、値引き対応が良い場合があるのです。

 

逆に半年くらいかかる、という場合は、それだけディーラーが忙しく、売り上げが良いので値引きにそこまで熱心ではない可能性があります。

 

シエンタの値引きについては、複数のトヨタディーラーでシエンタ同士の競合をさせるのが基本。であれば、いずれにしても複数のディーラーに行くことになるのですから、あらかじめ納車期間の短いディーラーを見つける作業はムダにはなりません。もし納車期間が短いディーラーを見つけたら、そこを本命として、納車期間の長いディーラーを対抗にしてやればいいのです。

 

>>シエンタ値引きで50万円安くする交渉術

 

シエンタの具体的な値引き方法については↑で解説しているので、一度ご覧ください。

愛車の買取相場知ってますか?

新車を買う前に、愛車の相場は絶対調査したほうがいいです。今乗っている車の買取相場がわからないでいると、提示された下取り額が高いかやすいかわからず、数十万円からの大損をする可能性が高いです。

下取り額と買い取り相場の差額は60万円を超えることもあります。まずはかんたん車査定ガイドなどのオンライン一括査定を利用し、下取りで安く買い叩かれるのを防止しましょう。

↑の画像のように、かんたん車査定ガイドならその場ですぐに愛車の買取相場がわかります。

→ http://a-satei.com/